サイトで出会った彼女は割り切りセフレの人妻

今日は土曜日。仕事も半日で終わりにした。何だか体が熱くなってしまった。

 

サイトを通じて女性とデートしたいと考えた。

 

私が会員になっているサイトを使った。女性からすぐに返事が来た。

 

落ち着いた感じの物静かな話し方に好感を持った。私の話を笑って聞いてくれた。

 

返事はOKである。サイトの好きなところは、手続きが簡単な事だ。スピードは絶対に必要。

 

だらだらしてると、それだけでやる気が無くなる。サイト最高である。

 

彼女とはホテルのバーで会う事にした。最上階だし雰囲気は最高である。もちろん部屋も予約してある。

 

彼女はブルーのワンピースで現れた。胸の大きさがかなり強調されている。イメージと少し違った。

 

話を始めると彼女は人妻のようだ。今晩は旦那は名古屋に出張でいないらしい。

 

一晩中、私と付き合ってくれることを期待した。話は早い方が良い。

 

私は彼女をホテルの部屋に誘った。彼女は二コリと笑って私の手を握った。

 

部屋に入ると彼女を服の上から抱きしめた。髪の毛がいい匂いである。体のラインに手の平を滑らした。

 

彼女は目をつむり、私は唇を重ねた。下を入れると彼女も舌を絡めてきた。唾液が混じりあう。

 

ベッドに入ると、急に彼女は恥らっている。本当に人妻なのか。疑って悪かったと思う。

 

乳房は大胆に強く揉んだ。乳輪はソフトに円を描くように愛撫した。乳首は舌で入念に刺激を与えた。

 

彼女の喘ぎが始まった。私の手は下半身に移動している。もうそこは十分に濡れていた。

 

指でクリトリスと割れ目を同時に責めた。膣の中にも指を入れ、特に上側を集中的に擦ってあげた。

 

彼女は我慢が出来ないという顔をしている。

 

ここで挿入である。一気に奥まで入れた。彼女の声が悲鳴のように聞こえた。

 

執拗にねちっこくピストンを繰り返し、強弱を付けて彼女の奥の子宮を突き続けた。

 

イッちゃう、ダメ、ああー、イクー。

 

彼女は絶頂にまっしぐらである。ついに絶叫と共にアクメに落ちた。

 

私も彼女の中に射精した。

 

最高の夜を私と彼女は堪能しました。
【東京都豊島区・40代・男性・自営業】